遺産にまつわる税金

老夫婦

遺産などの相続を受ける場合、多くの人が懸念するのが相続税です。相続税は110万の基礎控除額を超えた場合に発生する税金です。銀行などに預けていた金額や、所有している不動産による資産の価値が110万円を超えると、相続する金額に合わせた税率での税金を修めなければなりません。お金や土地の相続を受けた場合、きちんとした申告書を用意し税務署に提出しなければなりません。しかし、この申告書の作成方法や手続きの方法が分からないという人も多くいるものでしょう。申告をしなければ脱税によって逮捕されることも考えられるので、きちんとした専門家に手続きの方法や申告書の作成を手伝ってもらう必要があるでしょう。大田区の弁護士事務所に依頼することで、こうした相続税による問題に対処することができるでしょう。申告書の作成方法や、相続税の納付手続きなど多くの方法を説明、または代行して行なってくれるので、相談することで確実な対処が行なえます。

大田区の弁護士事務所に相談することで、相続税の対策を行なってくれます。大田区の弁護士事務所では基礎控除額ギリギリの費用を子供に支払うことで、相続税の発生することを抑える方法や、収益物件を購入し、贈与することで借家権割合の控除を受ける方法など、相続税の負担を抑える方法を教えてくれます。他にも大田区の弁護士事務所では、所有している資産を調べあげ、相続税の試算を行なってくれることがあります。相続をさせてあげたい子供や孫のために、あらかじめ相続によるシミュレーションを行なうことができます。相談することでトラブルも起こさず、遺産を子供や孫に与えることができるでしょう。