労務でのトラブルに応じる

本を眺める

近年多くのメディアでも取り上げられている問題として、労務トラブルによる問題が挙げられます。労働基準法を大きく超過させての労働や、深夜での労働に給与を支払わない、いわゆるサービス残業などによって、生活や体に悪影響を及ぼされる人は多くいます。会社側は働いている人を替えの聞く人員としてしか扱わないので、過酷な労働条件を断ろうものならクビをちらつかせるなど、悪質なパワハラによって鬱病を発症させてしまう人も大勢いるのです。深刻な鬱によって会社をしばらく休みたい、または労災を申請したいと考えても、相手の企業からまったく聞く耳を持ってもらえないこともあります。こうした場合に相談できるのが、弁護士です。名古屋の弁護士事務所では、会社側の不当な振る舞いに対し、労働審判を行なうことができます。労働審判は名古屋のほか、全国の地方裁判所で行なうことができるもので、裁判という形で相手の企業へ労働条件の見直しをさせることができるでしょう。裁判を起こさずとも、企業との話し合いで弁護士を立ち会わせるだけで、相手側の企業が裁判を恐れ待遇の改善を行なうこともあるので、相談して損をすることはないでしょう。

労務トラブルには、職場での待遇の悪さだけではありません。女性社員が男性上司から受けるセクハラも問題となるものです。直接体に触れることはなくても、プライバシーに関わることをしつこく聞かれることや、わいせつな表現が含まれた冗談を何度もいわれるなど、多くの会社でこうした問題はよく現れるものです。このようなセクハラなどの問題は人にも話しづらく、セクハラを与える相手へ明確に不快であることを伝えても改善されないこともあるので、名古屋の弁護士事務所などで速やかに相談するとよいでしょう。名古屋の弁護士事務所では、セクハラなどの問題にも女性側に立ち、傷害罪として相手側の企業を立件することができるでしょう。また、法的な手段に訴えずとも、労働基準監督署へ送る書類の作成や、セクハラによる被害をまとめた内容証明郵便を相手に送ることで、改善を促すこともできます。セクハラによる訴えを専門的に請け負う弁護士事務所も多くあるので、執拗なセクハラに悩まされている場合は一度相談するとよいでしょう。